フィジー留学ブログ旅行記です。ナンディ、デナラウ、ラウトカ、シンガトカを紹介します。このブログは個人が趣味で運営しています。

クロスレストラン フィジー料理大会で優勝の、フィジーNo.1レストラン!! Cross Restaurant,Denarau Island,Raddison Blu Resort Hotel,Fij (フィジー・ナンディ・デナラウ)

cross-06
フィジー料理大会で優勝し、フィジーNo.1の称号を得たレストランです。
確かにフィジーのフレンチではトップクラスでした。


cross-14
CROSS(クロス)という店で、フランス系のRaddison Blu(ラディソンブル)ホテルの中にあります。
ドレスコードがあるレストランです。(短パン、サンダル禁止)


予約無しで行って入店できないと嫌なので、メールで予約を入れてみたら、ちゃんと返信がきたので、万事においてルーズなフィジーなのにすごい!と思いました。
電話で話せるほどに私は英語は堪能ではないので、メール予約出来たのはすごく助かりました。


前菜+メイン+デザート、の選べるプリフィクスコースで、7000円くらいでした。
2名で行ったので、それぞれ違う皿を頼んでシェアしながら食べました。
cross-01
アミューズ
カボチャとパパイヤのミニポタージュ
ポタージュの濃度がけっこうしっかりしていて「食べるスープ」という感じ。
パパイヤが使われている所が、現地のカラーが出ていて良いですね。


cross-03
cross-02
Tiger prawns,smolked salmon,papaya and coconut mousse fiesta
これが絶品でした!
海老は、おそらくクールブイヨンでポシェされてるんですが、その塩加減が絶妙!海老の旨味が膨らみます。


海老味噌の部分にスモークサーモンがまぶしつけてあって「うほほ!」と笑ってしまうような美味しさ。
ココナッツのムースに、パパイヤとライムと魚卵のソース。これも塩加減が上手くて、それぞれの材料のハーモニーが新鮮でした。
おかわりしたいくらい美味しかったです。この日一番の一皿でした。


cross-04
St.Jacques Rockfeller
「ロックフェラー」というのはアメリカ料理で、元々は牡蠣のレシピです。
パン粉を振って香ばしく焼いた牡蠣に、ほうれん草のピュレのソースを添えたもので、一説には、元々は「エスカルゴのブルゴーニュ風」の代用から始まったレシピとも言われています。
それをこのお店なりに再構築して洗練させたのが、この一皿なのでしょうね。


cross-05
お口直しのグラニテ
これもベリーの濃度が高くて、グラニテなのにアイスクリームみたいな濃厚さがあって、美味しかったです。


cross-06
Coral Traut and wild rice risotto
ウェイターに「ネイティブな料理はどれ?」と聞いたら、このメニューを指差して「マヒマヒ!」というので、頼んでみました。
しかし、思った以上に美味しかった!!これがシイラかと驚いたほど。


写真では分からないかもしれませんが、この切り身、厚さが5㎝くらい、横幅も10㎝くらいと、巨大!!
それが外パリッ!の、中シットリ、に上手~く焼き上げられてて。
「大きな塊で焼くから表現できる美味しさ」ってあるよなぁ。


あとフィジーは海で獲れ立ての魚がめちゃ美味しい土地柄ので、素材の力もあるんだとは思いますが。
ほんと、美味しかったです。素晴らしかった。


沿えてあるのは、ニュージーランドから輸入している生牡蠣だそうです。


リゾットもチーズ&クリームでコッテリしてて、プチプチとするワイルドライスも良いアクセントで、美味しかったです。


cross-08
cross-09
NZ lamb shank tagine style
ニュージーランド産の羊のスネ肉の煮込みですが、これも、ドーン!と1本丸ごと出てきて、びっくり!!
ラタトゥユと、たっぷりのクスクスが添えられています。


ラタトゥユには「tagine style」とあるように、ハリッサが加えられていて、それが全体をエキゾチックな風味に仕上げてくれていて面白かったです。


cross-07
これらのメインに別途、サイドディッシュでライスとマッシュポテトが付くのだから、私達日本人の胃袋にはとても収まりきらないボリュームです。
サイドにはサラダも選べたのでサラダにしておけば良かったです。


cross-11
Passion fruit semifreddo
コッテリ満腹の後に冷たいアイスクリームは嬉しかったですね。


cross-10
The chocolate lover
チョコケーキの上に乗っているのは、薔薇水のゼリーで珍しかったです。


食後には、フィジー産のスペシャルティコーヒーをお願いしました。


cross-13
食事をしながら、海に沈んでいく夕日を楽しむことが出来ます。やはり、出来れば愛するパートナーと訪れるべきでしょう。
席は屋外のテーブルを選ぶ事も出来ます。


ワインリストはオーストラリアのものがほとんどですね。泡をボトルで頼んでも3900円程度。
シェフもオーストラリア人だそうです。


ウェイターはフィジー人なんですがワインの知識は皆無なので、ワインについて尋ねても、高いものを薦められるか、チンプンカンプンな返答が返ってくるので、ワインラヴァーはあまり期待して訪れないほうが良いと思います。
あるいはワイン選びの時はシェフを呼んでもらうと良いかもしれません。


これらのコース以外に、スペシャリテコースとして、ロブスターのコースも1人10000円で食べる事ができます。


ランキング参加中です。ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ


Cross Restaurant クロスレストラン
Raddison Blu Resort Fiji, Denarau Island, Viti Levu, Fiji
TEL 679 675 6677
営業時間 17:30~ (19時以降は子連れ入店不可。ドレスコードあり。)
http://www.radissonblu.com/resort-fiji/restaurants-and-bars


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

※コメントが反映されるまで、数日かかる場合があります。コメントがすぐに表示されない場合は数日後にまたアクセスしてみてくださいませ。

こちらのブログは「食記ドットコム」メンバーのhickが中心となって運営しています。

ご連絡はこちらから


ブログランキング

ランキング参加中です。
ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

おすすめ記事

  1. intercoti-02
  2. hasyoku-08
  3. bounty-01
  4. wine
  5. adi
  6. kava-01
  7. bohai-01
  8. bohai-a-01
  9. Vodafone-Back2School-Promo-Ad_2
  10. sheraton-01

アーカイブ

広島食べ歩記はこちら!毎日更新中!