全国と世界のグルメ旅行記です。今はフィジーグルメが多いです。

サワディーインターコンチネンタルバンコク ANAお薦めレストラン!ちゃんとウマくて驚きました。SAWASDEE RESTAURANT

このエントリーをはてなブックマークに追加

sawasdee-01
バンコク、インターコンチネンタルホテルの1階にあるタイ料理レストランです。

「オーセンティック・タイ・キュイジーヌ」と店名に冠しているだけあって、
料理は「なるほど、ちゃんとしている」と思える美味しいものでした。


ANAさんの旅行パンフレットにもお薦め店として掲載されているようです。


sawasdee-02
セットメニュー 300バーツ(約1200円)

これにお代わり自由のライスと、デザートにスイカとマンゴーの小さな盛合せが付きます。


本来は699バーツなんですが、割引クーポンで300バーツになりました。


セットの内容は、

ゲーン・チュー・サラーイ (豚団子と豆腐と海苔のスープ。伝統的なタイ料理のスープらしい)

バイトゥーイ(鶏肉のバンダンリーフ包み揚げ)

トート・マンプラー(タイ風のさつま揚げ)

鶏肉とカシューナッツの炒め


そんで、特に、トート・マンプラーが納得の美味しさでした。


過去に、日本の中途半端なタイ料理店で何度も、この「タイ風さつま揚げ」を食べる機会があったのですが、

毎回「まずいなぁ」と思っていたんですが、

なるほど、本場のちゃんとしたものは、ちゃんと美味しくて、名物料理になるだけあるなぁ、と感心しました。


日本のインチキ・トートマンプラーは「中国産の冷凍さつま揚げを揚げて市販のスイートチリソースを添えただけ」の手抜き品がほとんどですが、

ちゃんと作られた一品なら全然違うんですね。

まず、バイマックルー(こぶみかんの葉、ライムリーフ)を香り付けに使ってあって、これが美味しさの決め手でした。

カリカリに揚げられたホーリーバジルも美味い!


バイトゥーイや海苔のスープも、上品な味付けでなかなか良かったです。


鶏肉とカシューナッツの炒めはちょっと甘さがベタッとしててクドかったけど、こういう味付けがオーセンティックなんでしょうね。


フルーツはちょっとグズッとしてて角が崩れてたけど、こちらは気温が暑いし仕方ないかな。


ドリンクは別オーダーなんですが、これがちょっと高かったです。

本当はビールが飲みたかったんだが、小瓶で180バーツ。(約700円)

ワインは、タイのマックスバリューで1本500バーツで売ってるワインが3500バーツ(約13000円)。

ワインの値付けはメチャクチャなので頼むのはヤバイですね。


おとなしくミネラルウォーター50バーツにしておきました。(約200円)

とはいえインターコンチネンタルだし、値付けはこんなもんか、と納得できなくもない範囲。


結論としては、「オーセンティック」(正統派)と銘打つだけあって、
「ちゃんとしたタイ料理」を食べさせる店、という印象で、
一度は行っても良いお店だなと思いました。

味にそれなりに説得力がある気がしました。


ランキング参加中です。ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ


SAWASDEE RESTAURANT サワディーレストラン
住所 Ground Floor, Annex to InterContinental Hotel President Tower Arcade, 971 Ploenchit Road, Lumpini, Pathum Wan 10330
TEL 02-656-0141
営業時間 11::00~23:00
BTSチットロム駅からすぐ。↓ホームページでメニューの写真など見れますよ。
http://www.sawasdee.co.th/


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

※コメントが反映されるまで、数日かかる場合があります。コメントがすぐに表示されない場合は数日後にまたアクセスしてみてくださいませ。

こちらのブログは「食記ドットコム」メンバーのhickが中心となって運営しています。

ご連絡はこちらから


ブログランキング

ランキング参加中です。
ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

おすすめ記事

  1. pink-02
  2. nadina-05
  3. bohai-a-01
  4. fijibeer
  5. raffles-03
  6. adi
  7. cross-06
  8. intercoti-02
  9. zaika-01
  10. mac-01

アーカイブ

広島食べ歩記はこちら!毎日更新中!