全国と世界のグルメ旅行記です。今はフィジーグルメが多いです。

フィジーのフルーツ達。パンの実、ポポ(パパイヤ)、マンゴー、カスタードアップル、スイカ、リンゴ、パイナップルなど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

popo-01
フィジーのフルーツは本当に美味しいです。
日本のフルーツとは、月とスッポンくらい、差があります。
南国でなければ出せない味なのでしょうね。


日本のフルーツは「甘さ」ばかりを追い求めて品種改良されていますが、
私はフルーツにおいて重要なのは「酸味」と「香り」だと考えます。
甘いだけのフルーツは美味しいとは思えません。


そういう意味で、特徴的なのは
スイカマンゴー


スイカは品種自体が日本のものとは違うんでしょうが、甘さでは日本のものに負けますが、爽やかな香りでその旨いこと!
私は日本でスイカをあまり好きではなかったのですが、フィジーのスイカの美味しさにはたまげました。


それからマンゴー
完熟したフィジーのマンゴーの、その香りの素晴らしさよ!
甘酸っぱくて爽やか!まるでレモンなどの柑橘類のような香り。


日本の1個5000円する宮崎マンゴーでも、勝てません。
日本で売っているマンゴーは甘いばかりで香りが乏しいんですよ。


ただし、マンゴーは熟しているかいないかで、味が全然変わります
売り手も正直で、熟したマンゴーは高くて、安いマンゴーは熟していません。
一度、ケチって安いマンゴーを買ったのですが、熟していないと全然美味しくなくて閉口しました。
高くても、熟したマンゴーを買いましょう。


フィジー人の主食の1つでもある「ポポ」。これはパパイヤのことです。
ポポはまずくはないんだけど、びっくりするほどウマいかと言うと、普通。
この辺りはフィジー人もそう思うのか、値段はマンゴーの方がだいぶ高くて、ポポは安いです。
安い代わりに、どこでも手に入るみたいですね。


フィジー人は「農業」に向いていない、と言われるのですが、
それは、フィジーでは「ポポ」や「パンの実」が、日本の農業みたいに人の手をかけて育てなくても、勝手に育つから。
「人の手をかけて育てる」という歴史がフィジー人のDNAには培われていないそうです。


文明化の進むフィジーですが、
昔は、そこらに勝手に生えているポポやパンの実、ダロやキャッサバなどを、お腹がすいたら取って食べて、
それで日々の暮らしが成り立っていた訳ですから、
そういう時代の頃が、フィジー人にとっては「幸せ」だったのじゃないか、などと考えてしまったりします。


話がそれました。


popo-02
そんで、私がこの写真のフルーツの中で、一番美味しい!と驚愕したのが、
赤丸で囲んであるフルーツ。


市場で買う時に、何か分からないけど、とりあえず買ってみたのでした。
日本では見た事がない謎のフルーツです。


これが、素晴らしい芳香で、上品な酸味とコクがあり、
今まで食べたフルーツで、一番美味しいとさえ思いました。
(「フルーツの王様」と呼ばれるドリアンよりも、遥かに美味しい!)


この謎のフルーツ、ネットで調べてみても中々正体が分からなかったのですが、
フィジー情報にめちゃ詳しい南国フィジーで、のんびり退職生活様が、その正体を教えてくださいました!
ありがとうございます!


フィジー語で「セレマイア」、一般には「サワーソップ」と呼ばれるフルーツだそうです。


後は、写真に写っているのはカスタードアップルパイナップルですが、これは可もなく不可もなく。
そんなに感動はしませんでした。


popo-03
あとはよく食べたのはリンゴ


日本のリンゴと違って、小ぶりで、そんなに甘くなく、酸味が強いのですが、
それがむしろ私には好みでした。


小さいサイズも、ちょっとおやつや小腹が空いた時に丁度良い。


値段が安くて、スーパーにはいつも山盛りになって安売りされているので、
フィジーではこのリンゴがたくさん採れるんだなぁ、と思っていたら、
このリンゴはニュージーランドからの輸入品だそうです。


あと、ニンニクもスーパーで山盛り安く売られてて、
フィジーでニンニクがよく採れるのか、と思っていたら、これも全て中国産だそうで。


それを知ってしまうと、ちょっと興冷めしてしまった自分がいました。
せっかくフィジーにいるなら、輸入品じゃなくて、フィジーの地の物を味わいたい!
って、贅沢な言い分ですね。スミマセン。


ともあれ、フィジーのフルーツは抜群に美味しいので、ぜひ食べてみてください。
これらのフルーツは、スーパーでなく、公設市場でよく見かけました。
公設市場は、ナンディ・タウンやナマカ・タウンにあります。


市場についても、また今度書いてみようと思います。


ランキング参加中です。ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ



関連記事

コメント

  1. フィジーの情報を、沢山発信していただきありがとうございます。

    さてこの記事の写真の〇囲みのフルーツは、フィジー語で、「セレマイア」(Seremaia),英語で「サワーソップ」(Soursop)と言うトロピカル・フルーツだと思います。

    「ジャックス・フルーツ」は、フルーツと呼ばれてますが、生では食べれない果物です。全然別のフルーツです。インド系がカリーにして食べるので、インド人がフィジーに入植するときに、インドから苗を持ち込んだのではと、私は考えていますが・・・

  2. 追伸

    「ジャック・フルーツ」は、私のブログで、2015年9月15日付、「土曜の朝のナンディ公設市場4」で紹介しています。

    「ブレッド・フルーツ」は、同じく、2016年3月30日付、「ブレッド・フルーツのチップス」で紹介しています。

    この二つは、フルーツと言っても生では食せません、それぞれ料理して食べます。

    以上、参考まで・・・

      • hick
      • 2017年 1月 23日

      >feejeemagic様
      いつも役立つ情報をありがとうございます!

      このフルーツの正体が分からなくて、ネットで似た画像を探して、てっきり「パンの実」かと思い込んでしまいました。
      やっと正体が分かってスッキリしました。ありがとうございます。

      フィジーにいる間に、ブレッド・フルーツとジャック・フルーツを食べられなかったのは残念だなぁ。次回のフィジー行きでは是非チャレンジしたいです!

  3. 兎に角、フィジー産の、トロピカル・フルーツは、ほとんど自然のまま完熟したものが売られています。だから、本当に美味しいです!それに、医学的な効能も優れてて、抗がん作用や健康増進にも成果が証明されています。

    店頭で、ほぼ完熟状態ですので、早く食べないと熟れすぎになりますが、私はその状態になったバナナを使用して、バナナケーキを焼きますが(笑)

    特に、「サワーソップ」は、抗がん作用など、驚くほどの効能が証明されてます。大変素晴らしい果物ですし、不思議な美味しさも驚かされます。

    ただし、近年の研究で特定の遺伝子配列を持つ方に、パーキンソン病みたいな症状が発生する可能性が示唆されてますが・・・

    私は、普通に食べてる分には、関係ないと思いますが・・・

      • hick
      • 2017年 1月 24日

      >feejeemagic様
      コメントありがとうございます!
      フィジーのフルーツを食べたら「今まで日本で食べてきたフルーツはいったいなんだったんだ!?」と驚くほどの美味しさで、本当にびっくりしました。
      「サワーソップ」も人生で初めて食べましたが、とても美味しかった。
      日本では気候の関係で栽培されてないのですかね。でも日本産だとやはり味が変わってしまいそうですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

※コメントが反映されるまで、数日かかる場合があります。コメントがすぐに表示されない場合は数日後にまたアクセスしてみてくださいませ。

こちらのブログは「食記ドットコム」メンバーのhickが中心となって運営しています。

ご連絡はこちらから


ブログランキング

ランキング参加中です。
ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

おすすめ記事

  1. spfb
  2. raffles-03
  3. sazanseto-02
  4. intercoti-02
  5. bohai-b-01
  6. shisenra-01
  7. bohai-a-01
  8. ocean-01
  9. fijibeer
  10. mac-01

アーカイブ

広島食べ歩記はこちら!毎日更新中!