フィジーの留学ブログ旅行記です。ナンディ、デナラウ、ラウトカ、シンガトカを紹介します。このブログは個人が趣味で運営しています。

フィジーのビール一覧まとめ!&ワインやその他のアルコール類について。

fijibeer
一番左はワインです。オーストラリアのがぶ飲みワイン「バンロック・ステーション」。
その隣の3本がフィジーのビールです。
左→右に向かって、
VONU(ヴォヌ・ピュアラガー)、フィジービターフィジープレミアム


fijibeer2
あと、フィジーゴールドというビールもあります。


フィジーで一番ポピュラーなのは、
フィジービターです。
値段も一番安くて、私はフィジー滞在中はこればかり飲んでいました。
味的にも、一番日本のビールに近寄ってるんじゃないかと思います。


次に、フィジーゴールド
値段はフィジービターと同じ場合が多かったです。
味は、正直、フィジービターとそんなに変わりません。ゴールドの方が少しだけライトかも。


飲食店では、だいたい、フィジービターとフィジーゴールドの2種が置いてある場合が多かったですね。
日本で言えば、キリンとアサヒみたいなもの?
この2本は、だいたいどちらも4.5FJDくらいだったと思います。(300円前後)


フィジープレミアムは、ちょっと高級品らしくて、たしか6.5FJDくらいしました。(400円くらい)
あまり置いているお店が無いのですが、
飲んでみても、どこが「プレミアム」なのかよく解かりませんでした。
正直、フィジービターと(値段の差ほど)味の差はあまり感じられなかったです。
日本のビールみたいに、メーカーによる味の違いがそんなに明確じゃないみたい。


ヴォヌは、一番高いくて、6.5~9FJDくらい(500円前後)。
あくまで私見ですが、味は最も好みじゃなかったです。


ちなみに、どのビールも、飲食店じゃなくて酒屋で買うと、
だいたいどれも上記の半額くらいの売値で販売されています。


興味深いのは、都会よりも田舎の方が値段は高い傾向にあります。
これは、流通が発達していないため、仕入れの手間賃や輸送費が上乗せされているからです。


あと、ビールに限らず、どの酒についてもそうですが、
日本のように在庫の保存管理が徹底されていないので、
商品によっては、開けてみると「劣化している」場合があります。
この場合でも、基本的に返品は利かないので、客の自己責任で目利きしましょう。


ヴォヌ以外のビールは日本のビール寄りの味なんですが、
ヴォヌはヨーロッパのフルーツビアを目指してる感じなんですよ。
「フルーティ」と言えばそうなんですが、私は日本のビールが好きなので、ヴォヌは好みでありませんでした。


ヴォヌは、フィジーの雨水で作っているのと、添加物・保存料が無添加というのが特徴です。
(フィジーは環境汚染が少ないので「雨水が飲める国」なのだそうです。)


それで、フィジーのビール全体についてですが、
ネットなどでは、よく「日本のビールと変わらない」と書いている人が多いですが、
ハッキリ言って、日本のビールは世界的にもかなりレベルや技術が高いので、
残念ながら、日本のビールにはだいぶ及びません。


(説明をする上で、フィジーのビールを批判するように受け止める人がいるかもしれませんが、
けして、そのような意図はありません。)


まず、原材料に対しての水増しの比率が多いのだと思いますが、
どのビールも日本のビールに比べて、味は薄いです。
日本のビールを水割りすれば、フィジーのビールに近い味になるかもしれません。


それから、フィジービール全般の味について、私は、少し「薬臭い」と感じていて、
もしかすると、暖かい南国なので、腐敗防止の「保存料」が入っているのでないかと思っています。
(原材料ラベルには記載されていませんが、どうもそのように感じてしまう味。)
その「薬臭さ」が無ければ、もっと美味しく飲めるのでしょうけど。


それから、日本のビールに比べて、炭酸が弱くて、ほとんど泡は立ちません。


ですので「日本のビールとは、やはり違う」というのが、私の意見です。


ですが、これはこれでそれなりにウマい、というか、
それが「土地土地の味」という奴じゃないでしょうか。


フィジーに来てまで、キリンやアサヒを飲むのもつまらないし、
やはり、フィジーではフィジーのビールを楽しみたいですね。


ついでに書いておくと、
フィジーのワインの販売価格は、日本に比べて高いです。


上述の「バンロック・ステーション」などは、日本では「安ワイン」の代表みたいな銘柄で、
日本のディスカウント・ストアではボトル1本が300円前後で買えますが、フィジーでは倍の700円くらいします。


それから、同じく日本の「やまや」などのお酒のディスカウント・ストアでは、
ビーフィーター・ジンや、スミノフ・ウォッカなどは、1000円前後で売ってる「安酒」のイメージですが、
フィジーでは、同じものが、酒屋で5000~10000円くらいする「高級品」という認識です。
(これは、蒸留酒に対する輸入関税が高いという理由があります。)


なので、フィジーのバーでカクテルを飲むと、1杯が700~1000円以上するのですが、
これは原価が高いから、仕方ない理由があるんですね。


ちなみに、フィジーの一般的な平均時給は、日本円にして時給150円程度が平均と聞いた事があります。
カクテル1杯が時給4時間分ですので、これは完全に外国人向けですね。


日本にいると、それが「当たり前」に感じてしまいますが、
例えば、マクドナルドのハンバーガーやコーヒーが100円だったり、
回転寿司がどれも100円均一だったり、
雑貨の100円均一ショップなど、
これらは、世界と比べても珍しいほどに(内容に比べて)「安い」と言えます。
(フィジーでも、これらは日本より高い値付けです。)


フィジーでは、日本より安いものもありますが、日本より高いものもあります。


そもそも、フィジー人は、そんなに日常的にアルコールを嗜まない節があります。
アルコールよりは「カヴァ」の方が親しまれているのでないでしょうか。


なんだか、ビールの話から少しそれてしまいましたが、
フィジーのアルコール事情でした。


フィジービターやフィジーゴールドは、現在は日本で購入は難しいですが、
ヴォヌに関しては、日本で買えますので、興味のある人は味見してみてはいかがでしょうか?

2ダース24本入りで、1本あたり360円くらいです。
フィジーの味が少しは理解できるかも?


日本メーカーのビールと飲み比べていただくと、私の書いた内容がよく解かると思います。


ランキング参加中です。ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

※コメントが反映されるまで、数日かかる場合があります。コメントがすぐに表示されない場合は数日後にまたアクセスしてみてくださいませ。


ブログランキング

ランキング参加中です。
ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

おすすめ記事

  1. Vodafone-Back2School-Promo-Ad_2
  2. spfb
  3. madspa-04
  4. raffles-03
  5. ocean-01
  6. bohai-01
  7. mac-01
  8. angie-01
  9. kunisan-04
  10. iland-06

アーカイブ

広島食べ歩記はこちら!毎日更新中!