広島のおすすめグルメ・飲食店を紹介しています。B級グルメ、デカ盛り、広島ランチ、居酒屋、ミシュラン広島、広島イベント情報等。このブログは個人の趣味で運営しています。

點心(てんじん) ミシュラン広島掲載!知る人ぞ知る茶懐石の名店。本格茶道「夜咄」を体験できます。(広島市安芸区瀬野・志和)

このエントリーをはてなブックマークに追加

tenjin-01
安芸区瀬野町にある、知る人ぞ知る、茶懐石の名店です。
遠くからでも行くべき価値のあるお店ですね。
ミシュラン広島の掲載店でもあります。


1日1~2組限定の完全予約制のお店ですが、値段は高くはありません。
お昼のランチで3000円、ディナーコースで5000円程度です。
むしろ内容からすると、かなり安いと思います。


日本家屋の一軒家レストランで、全室個室となっています。


ある日のコース内容。
tenjin-02
八寸炊き合わせお造り


tenjin-03
丁寧に作られた八寸は、小箱の中に多種多様に詰められています。


tenjin-07
お造り、炊き合わせと共に、これでゆっくりと杯を傾けます。


tenjin-04
焼き物 天然鮎の炙り焼き(※訪れたのは夏季です)
ウマい!


tenjin-05
椀物 ハモ、じゅんさい


tenjin-06
豆ごはん漬物


この後に部屋を移動して、お抹茶を点てて頂いて、お菓子と共に頂きます。


写真に無いですが、本格茶道の「夜咄の茶事」は一度は体験してみたい。


夜咄の茶事とは「懐石」の始まりをなぞる行為でして、
寒い夜に、灯りも暖房も全く無しの中、手炙りにて暖をとり、作法にしたがって懐石を頂く茶道です。
読んで字の如くの「懐石」が始まった当時の、暖房器具も電灯も無い時代に、思いを馳せることができる体験です。

裏千家の著作『夜咄の茶事』が詳しいので、ご興味ある方はご参考ください。


欧米の高級レストランにも「Dark dining」(ブラインドレストラン、暗闇レストラン)というジャンルがあるのですが、
私は日本で夜咄懐石を体験したシェフがインスパイアされたのが始まりではないか、と考えています。


春は桜、初夏は蛍を楽しむ事ができます。
仕出し弁当の依頼も出来まして、これも素晴らしいので機会があればぜひ。


喫茶利用は予約不要だそうですが、一応電話してから行く方が良いとは思います。
お茶と庭を楽しみにドライブで気楽に寄るのもアリだと思います。



ホームページから、2016年秋のイベントの様子を転載。
外国人をお連れしても喜んでいただける店だと思います。


すぐそこの食記ドットコムじゃけん!
icon-01
人気ブログランキングへ
広島ブログ にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ


點心 てんじん
広島市安芸区上瀬野南町一丁目2107番地
TEL:082-894-8805
営業時間:完全予約制 ランチ11:00~14:00 ディナー17:00~21:00 定休日:水曜
駐車場あり JR瀬野駅からタクシー5分
http://mplan.main.jp/tenjinHP/



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

管理人:hiro
このブログは、個人の趣味で運営しています。
私達の食べ歩きの記録です。個人的な見解を載せていますので、あくまで1つの参考程度にどうぞ。
ブログのシステム管理人はhiroですが、記事投稿や運営は複数人でやっています。

※コメント欄についてはコメントを書き込んでもすぐには反映されない仕組みになっています。コメントが反映されるまでお待ちください。

ご連絡はこちらから
※飲食関係のイベント告知がありましたら、無料で掲載協力いたします。お気軽にご利用ください。


ツイッターでも広島グルメ情報スタート!
良かったらフォローしてください。
Facebookでは、ブログでまだ未紹介のお店を中心に掲載しています。

ブログランキング

1日1ポチ、応援お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ 広島ブログ 人気ブログランキングへ

おすすめ記事

  1. tamsoup-03
  2. harvest-13
  3. seichan-01
  4. ogasawara-02
  5. tofu-01
  6. ryojiro-01
  7. kokoroya-13
  8. kubo-01
  9. kunimatsu-01
  10. usagi-01

カテゴリー

過去の記事

アクセスカウンター(UU)

  • 3772471総訪問者数:
  • 1896今日の訪問者数:
  • 6855昨日の訪問者数: