広島のタウン情報配信中 広島グルメ、広島イベント、おでかけ、広島ランチ、子連れの遊び場、デカ盛り、B級グルメ、居酒屋などを紹介しています。食記ドットコム

  エリア、ジャンル、店名、メニュー等で

トレフミヤモト 昔を偲べるフランス料理店です 食べログフレンチTOKYO百名店2021 港区六本木

このエントリーをはてなブックマークに追加


てんとう虫のデザインのトマトのサラダ

昔のフランス料理って、「王様や貴族に捧げるお料理」だった訳ですが、

こちらのフランス料理は、その面影を遺します。

トマトのサラダと銘打たれているのですが、

トマトの中には季節の蟹がたっぷりと射込まれていて、

とても贅沢な一皿です。



東京都港区六本木にあるフランス料理店「トレフミヤモト」さんを訪れました。

お店の外観の雰囲気から素敵ですね。

食べログフレンチ東京百名店2021に選ばれているお店です。

ドレスコードは特に無くて、短パンサンダルなどでなければ、特に問題ないと思います。



おまかせコースをお願いしました。

アミューズ レバーのパテを挟んだミニシューなど。

お皿がカワイイですね。



( ↑ 銀座レカン十時シェフ、クリニャンクール宮本シェフ、ラビュットボワゼ森重シェフの特集 画像タップでAmazonページへ)

私がよく料理本を読んでた時期って、1995~2005年くらいなのですが、

ちょうどその時期に、料理王国やシェフシリーズによく登場されていたシェフのお店です。

フランスの三つ星「ジョルジュ・ブラン」で、史上初めてアジア人系のソーシエ(ソース担当)に任命されたシェフ、という事で話題でした。

当時は「クリニャンクール」というお店をされていました。

当時に本で読んでから10年以上、やっと実際にお料理を味わいに訪れる事ができました。



とうもろこしの冷たいスープ 焼きポレンタの浮き身



冒頭のてんとう虫を模したファルシ

周囲のクーリソースが鬼のごとくウマい!

ウマ過ぎる!!

こちらのお店でソースを味わうと「フランス料理におけるソースとは」が理解できると思いました。

良い体験になりました。



名物のクロメスキ

1800年代の昔の文献を元に再現した古代料理だそうです。

こちらの記事にも書きましたが、

昔のフレンチの料理人さんにとって「古典を紐解いて再現する」のは、特別な意味を持ちます。

アンティークのお皿もとっても素敵で、その上にちょこんと鎮座したクロメスキが、まるで宝物のような扱いだと解ります。



カリッと揚げられたコロッケ状のスナックの中は、空洞になっていて、

そこにトリュフとフォワグラで作った液体スープが射込まれています。

現代においては、どうやって作れば~というのは想像が可能だと思いますが、

1800年代は、王様や貴族達の間で、ものすごく価値のある不思議な料理として、話題になった事でしょうね。

1600年代の日本における金平糖みたいなもんでしょうな。

「人々を感嘆させる料理」は、時代を動かしてきたのです。



お魚料理

シェフは長崎のご出身だそうで、五島のハタ

ゼラチン質でプルプルなのが、写真から伝わると思います。



メインディッシュのお肉では、テーブルの上でソースをかけていただきました。

今では死語なんでしょうが、昔は「ソースはフランス料理人の命」と言われた時代がありました。

まさに、こちらのお店でのソースは、シェフが命をかけたものだ、という気迫に満ちています。



窒息シャラン鴨のロースト

クラシックで王道。赤ワインを呼びます。

そして、とにかく、どのお皿もソースの完成度が高い!

なるほど、これがフランス料理のソースなのか!

ソーシエとして誇りが、シェフの胸の内に、今もまだ煌々と輝いているのが解かりました。



デザートも、スペシャリテの作り立ての牛乳の葛切り

昔にテレビの「料理の鉄人」に出演された時のメニューだそうです。

作り立てのやわやわのミルク葛切りは、ほっぺたの落ちそうな美味しさ!

子供も喜んで食べる優しい味わいでした。



ミニャルディーズまで、きっちりとしてて、

本当に「昔ながらのフランス料理」。

訪れた理由ですが、

今のうちに訪れておかないと、もう、こういう料理って体験できなくなる、

と思っているから。

「味」ばかりは、後から書物やビデオで確認しても、失われたものを後から追体験はできないのでね。

昔に本で読んでいた宮本シェフのソースとは、どういうものなのか、記憶に刻めたので良かったです。

インターネットのクチコミを読むと、シェフのお料理を「骨董品」などと表現する人もいるのですが、

私にとっては、良い体験でした。

「ソースは料理人の命」と呼ばれていた時代のソース感を確かめる事が出来ました。

余談ですが、広島のフランス料理店でも、こちらのお店のソースに匹敵するソースを味わったことが2回ほどあります。(あえて店名など伏せておきます)

そういうのも、やっぱり自分が経験したからこそ、解かるようになった訳です。


ところで、昔々に貴族がお城で食べていたフランス料理ってどういうものか、

知りたい人は、こちらの本「料理人(The Cook)」がお薦めです。

単純に、読み物小説としても面白い造りになっています。

今は、次々に新しいお店が出来て、時代のサイクルも早いですし、

皆さん新しいものが好きなのはよく解りますが、

逆に、こういう「昔を偲べるお店」というのも、私は貴重だと思うし、好きですね。

いろんな思いを馳せることができました。

この情報が役に立ったなら♪
押してくださいにゃ
icon-01
にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ
広島ブログ 人気ブログランキングへ

 


グルメ・イベント情報を他にも詳しく掲載しています。

食記ドットコム メインページへ


トレフミヤモト
東京都港区六本木7-17-20
電話 03-5772-7755 定休日:月曜、第4火曜
営業時間 18:00~LO.21:30 土日祝のみランチあり12:00~LO.13:30
https://www.3fff-miyamoto.info



関連記事

コメント(コメントはすぐに表示されません。反映までお待ちください。)

  1. コメント送信後、コメント表示されるまで時間がかかります。お待ちください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

このサイトについて

管理人:hiro
広島の美味しい情報を発信していくWebサイトです。
方針は「良い所をピックアップ」で、否定的な内容は書かない事にしています。筆者の個人的な見解を載せていますので、あくまで1つの参考程度にどうぞ。
Webサイト管理人はhiroですが、記事投稿や運営は複数人でやっています。

※コメント欄についてはコメントを書き込んでもすぐには反映されない仕組みになっています。コメントが反映されるまでお待ちください。

※当Webサイトの写真や文章等を使いたい方は、許可なくご自由にご使用頂いてOKですが、「食記ドットコム」の引用元表記とリンクURLの記載をお願い致します。
↓詳しくはこちら
cc


ご連絡・お問い合わせはこちらから
※飲食関係のイベント告知がありましたら、無料で掲載協力いたします。お気軽にご利用ください。

ブログランキング

1日1ポチ、応援お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ 広島ブログ 人気ブログランキングへ

カテゴリー

ツイッターで広島グルメ情報を配信中です。
良かったらフォローしてください。
Facebookでも広島グルメ情報を配信中です。



おすすめ記事

アクセスカウンター(UU)

  • 14226983総訪問者数:
  • 124今日の訪問者数:
  • 2926昨日の訪問者数: